太陽光発電で光熱費を節約

メインイメージ

太陽光発電システム費用の内訳

今、環境問題について非常に話題を集めているのが太陽光発電システムですが、費用の内訳が気になるところです。
この費用が製品などの費用や設置にかかる工事費、そして、各種手続きの内容など様々あり、大きくは3つに内訳出来ると考えられます。

さて、この機器の費用になってくるのですが、太陽光発電システムのモジュールであったり、架台パワーコンディショナーなどの接続箱、モニターのリモコンなど非常に様々なので利用者の負担も多い場合があるのです。
そして、次に設置工事の費用です。

この費用なのですが、足場の設置に関する事、そして解体工事、仮設などの工事もここに含まれているのです、さて太陽光発電システムのモジュールの設置工事なのですが、電気を家庭用に変換しなければならないのでパワーコンディショナーという装置の設置工事が必要となるのです。

見積りの時に一番幅が出てくる可能性が多いのはこの工事の設置費用ですよね。
もちろん、この幅というの何故出てくるのかといえば、屋根の形状に関係しているというのがポイントなんです。
基本的な相場を考えると、34万円から40万円。

このあたりを見積もっていけば、問題はなく出来るのではないでしょうか。
しかし、怪しい企業も参加しているので見極めも重要になってくるのです。
電力会社へさらに様々な手続きがあります。
この手続にもお金がかかるので、絶対に忘れてはいけません。
ポイントですよ。


光熱費の節約で多く貯金

さて、もしお金を節約してすこしでも貯金を増やしたい、こう思っている方は非常にお多いのではないでしょうか。
確かに、多く貯金する為には様々な方法があります。
しかし、ここでの大きなポイントは何といっても光熱費の節約にあるのではないでしょうか。

太陽光発電システムで節約が実現出来ますが、何といっても初期費用がかかります。
まぁ、長い目で見ていくことでしっかりと元が取れるので、利用はしていいきたいところです。
この太陽光発電システムでは、発電を自らの自宅で行うので全くといっていいほど電気代がかからなくなります。

もちろん、雨や日照不足の時期、また夜間などであれば、仕方が無く電力をかって使用しなければならないですが、毎日使用しなければならないものではないので、このあたりも安心ではないでしょうか。
そして、最大のメリットですが、何といっても自家発電した電気を貯めておき、しっかりと使わずとっておけば電力会社への販売も可能であることでしょう。

これは、本当に大きなメリットとなるので、是非実践していくベキではないでしょうか。
もちろん、様々な意見があり、日々の細かい方法と考えているだけであれば、小さいでしょうが年間をみれば相当なあコストダウンに繋がり、お得な感じは凄く得ることが可能なのです。

さらに、オール電化と合わせる事により力も最大限発揮します。
ここでは、絶対的にオール電化を進めていく方向です。

中部電力|太陽光発電促進付加金 - ご契約・料金のしくみ
中部電力|太陽光発電促進付加金 – ご契約・料金のしくみ
大手電力会社、多発する太陽光発電事業者への電力買取拒否の実態 再生エネ普及の壁に(1/2) | ビジネスジャーナル
大手電力会社
太陽光発電システム | 電池・エネルギー機器 | Panasonic
太陽光発電システム
楽天ソーラー: 太陽光発電・ソーラーパネル販売
楽天ソーラー: 太陽光発電・ソーラーパネル販売
Copyright© 2013 太陽光発電で光熱費を節約 All Rights Reserved.